モロッコの貧富の差は大きいです。物乞い子供達の現状と、私がそれを見て思うこと。

モロッコでは

 

◎お金持ちの人は、

日本人が想像する以上にお金持ちで

 

◎貧しい人は、

....もう本当に貧しいです。

 

 

 

その貧富の差は

 

実際に、モロッコに行ってみた時の

現地の状況でも感じられるし

 

 

私のフェイスブック友達には

 

お金持ちと、貧しい人と

それぞれ両方いるから

 

チャットを通して、

 

彼らの色々な

生活状況の違いや考え方の違いが分かるんです。

 

 

 

モロッコの社会では

日本みたいに

 

例えばその子が、すごく貧しくて

でも、一生懸命に、まじめに学校で勉強すれば

 

給料の良い仕事に就けるって、感じではないんです。

 

 

 

だって、就職先は

親や、親戚のコネだから。

 

 

もちろん、公立の学校の先生などの職業は違うよ。

ここで言ってるのは、一般的な企業の話。

 

 

 

だからね、

 

お金持ちは、

上の「お金持ちグループ」でグルグルまわって

 

貧しい人は、

下の「貧しいグループ」でグルグルまわってる状態。

 

 

 

決して交わらないの。

 

 

 

じゃあ、

 

貧しい人は

 

なんで自分で、起業しようと思わないのか?

 

どうして、自分の力で何か始めようと思わないのか?

 

 

 

それはね、

 

そこまでの「夢を自由に描けるような発想」

 

彼らは、ならないんじゃないかな。

 

 

 

小さい頃は貧しかったけど

真面目に学校で勉強したから

 

大きくなって、経済的にも楽になった。。。。

 

 

そういう大人が周りにいない。

夢を見させてくれる大人がいない。

 

 

 

親が貧しいと、子供は「労働力」

 

物乞いをさせたり、

家の仕事を手伝わせたり

 

 

モロッコでは小学校でも

成績が悪ければ落第します。

 

後の人生は「体を使った仕事」のみ

 

それが現実。

 

 

 

 

モロッコへ旅行に行くと

物乞いの子供たちに会います。

 

私がスーパーから出てくると

パンが入ってるビニール袋を指さして

 

「マダム」と言いながら

そのパンをちょうだいと、ジェスチャーするんです。

 

 

又は、1dh(約12円)をせがみます。

 

 

はっきりと断らないで

柔らかく断ってると、ずーっと横をついてきます。

 

 

 

 

私ね、こーゆうの嫌いなんです。

 

 

例えば、私がそこでお金をあげてるでしょ。

 

そしたら、

その子(小学校低学年ぐらい)は学びます。

 

 

「お金は、人から恵んでもらうもんだ。」

 

「物乞いをすれば、お金はもらえるんだ。」

 

 

私、そうゆう考え方のままで、

大人になって欲しくないんです!

 

 

通りを歩いてると

道端に座って、物乞いをしてる大人も時々みかけます。

 

物乞いの子供たちの将来を見てるようで、

悲しいんです!

 

 

 

大人になってまで、

彼らに物乞いをしてもらいたくない。

 

 

自分の子供が出来たら、

 

勉強よりも、物乞いをさせる「労働力」として扱うような、大人になって欲しくないんです。

 

 

 

物乞いをする子供たちに

ただ1dh(約10円)を渡すのは簡単です。

 

 

でもね、私としては違うんです。

 

 

人に喜んでもらうことを仕事にしたら

自然と人は感謝をして、対価としてお金を払う。

 

チップが欲しいから、とかいう理由ではなくて

 

 

 

喜んでくれてる、お客さんの笑顔をみると

 

自分の心が、

ポッと暖かくなるのを感じるから

 

 

だから、働くんだ。

 

自分が楽しいから働くんだ。

 

 

そうゆう事を学べる機会(小遣い稼ぎの職?)を

 

彼ら、物乞いの子供達に提供したいんです。

 

 

彼らは未成年。

 

だから、親の同意が必要。

 

 

色々現実は、難しいけど....ね。

 

 

 

 

じゃあ、お金を渡すのではなくて

子供にクレヨンでもプレゼントしようかな。

 

 

カラフルな色を使って、

絵でも描きながら楽しんでもらいたいな

 

 

そう思った事があって

 

 

モロッコに行く前に

現地に住んでる、日本人に相談したら。

 

 

「考えが甘い。

間違いなく、親がそれを取り上げて売るよ

 

と、言われて諦めました。

 

ショック...

 

 

 

 

経済的に豊かな日本に住んでいて

 

何でも欲しいもの

食べたいものが手に入る

 

頑張れば、頑張っただけの人生の喜びを感じられる環境にいる私は

 

 

モロッコの物乞いをしてる、貧しい人らから見れば、

 

うわべだけで良いことを言ってると思われちゃうかな。

 

 

ただ、お金を恵んでくれれば良いんだよって

彼らは思ってるんだろうな。

 

 

 まずは、食べ物

 

わかってるけど

。。。難しいことろ

 

 

 

現地モロッコ人の友達や

そこに住んでる、日本人に聞くと

 

モロッコ女性の賃金(ビルの清掃とか)を

知ることが出来ます。

 

労働からして、決して高くはない給料です。

 

 

 

モロッコ人のお母さん達へと

 

日本人観光客に

自分の得意なタジン鍋の作り方を教えて

 

それが彼女の収入源になる。

 

 

そんな機会の場を作ってあげたいな。

 

 

 

私たちも、本場の料理を習えて嬉しいし。

 

モロッコお母さんも自分の得意な事で

人に役立ってもらうと嬉しいでしょ♪

 

 

 そんな事を、私は思ってます。

 

 

 

モロッコ・フェズ旧市街の写真です。

観光客の少ない

地元の人しが通らない

 

「そのままのモロッコ」の雰囲気を

味わえる場所です。

 

 壁の色、雰囲気が好きです!

 

 

 

楽しいモロッコ旅行を

 

お楽しみ下さい。

 

フェイスブックのお友達申請

 大歓迎です。

 

こちらの私の画像をクリックして下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<お知らせ>

 

普段はシャウエンに住んでいますが 

 

20178月より

日本に一時帰国しております。

 

 私のメニュー内にある

現地「シャウエン散策アシスト」

 

 20182月中旬の日程より承ります。

 

お問い合わせは・ご予約は

こちらから宜しくお願い致します


2018GWはモロッコへ>

 

世界遺産だけではなく、

現地の人と交流してみたい!

 

モロッコ文化を「体験するプログラム」

 

ついに完成しました!

名古屋にある、My Grobal 留学さんと、私との
「共同企画・モロッコプログラム」です。...

 

日程は2018GW

モロッコを知り尽くした私も、

そのプログラムにアシストとして同行し、

 

皆さんをお世話いたします!

 

 Hello, new me!Amazing Morocco!

 〜モロッコという迷宮で新しい私を探そう!!

 

 プログラムのHP

こちらの画像をクリック

 ↓ ↓